神戸元町Nuda

三都物語、初日の神戸の夜は、スペインはエチェバリ(Etxebarri)出身のシェフの店、Nudaにお邪魔した。
料理のコースは一種類のみで、ワインリストもない。料理12皿それぞれに合わせてワインは、シャンパーニュ、ソーヴィニヨン・ブラン、スペインの白、イタリアの赤等、グラスで頂く。

サービスは一人だが、「楽しんで下さい」という店側と、今夜の客16人の「楽しむぞ」という思いが絡んで空に上り、花火のように開いた。楽しい時間をありがとうございました。
d0156091_1091445.jpg


高知産のフルーツトマト、甘さを何かの味で抑えている。シャンパーニュに良く合う。
d0156091_1055316.jpg


不思議な火入れの鰺、ミ・キュイで鰺の別の味を引き出している。
d0156091_106422.jpg


スラシスされた椎茸の下には手作りバターが敷いてあり、これがスモーキーな薪の香りを放つ。
焼きたての椎茸の香りとバターの燻製香が相俟って美味しいったらない。
d0156091_1061990.jpg


「写真を撮る前に食べて」と言われたので殻だけ。 新わかめの泡がのったやはりミ・キュイの牡蠣。
瞬間の香りと温度を楽しむ。
d0156091_1063369.jpg


鱈白子。スープはひよこ豆らしい。精進出汁。
d0156091_1064212.jpg


ワカサギ、薪焼きらしいフンワリした加減、子持ちで食感がうれしい。
d0156091_1065134.jpg

d0156091_107013.jpg


皮のないパンチェッタとポレンタ。
d0156091_1071221.jpg


ミル貝、優しい味。
d0156091_107217.jpg


イイダコ、薪焼きで独特の火入れ。塩はかなり抑制している。
d0156091_1074251.jpg


野菜も一つずつ調理、量もある。
d0156091_107503.jpg

d0156091_1081462.jpg


甘鯛の鱗パリパリが旨味抜群、質が高い。リゾットで急激に満腹感。
d0156091_1082595.jpg


熟成させたリブ付きのブッフ、かなりの量。
d0156091_10172828.jpg


2枚でギブアップ、残りはお持ち帰り。
d0156091_1084574.jpg


2枚目のアイスクリームに燻製香、キンカンにも一工夫。
d0156091_10102455.jpg

d0156091_109142.jpg

[PR]
by koshudori | 2012-02-20 10:22


 ブルゴーニュ、シャンパーニュ好きのワイン備忘録


by koshudori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
持ち寄り会
ブルゴーニュワイン
パルメ会
シャンパーニュ
男の手料理
蕎麦とワイン
いつもの会
中華S
歌舞伎
麺喰い
寿司とワイン
京都
昼ご飯
お祝い会
食事会
フクの会
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

フォロー中のブログ

焚き火を囲んで眠るような話
L'AMBROISIE ...
マイノリティー
Lingon's Hut

お気に入り

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧