2月の持ち寄り会

いま、ワイン好きは、どんなワインを、だれと、飲んでいるのだろう。
何年前だったか、北九州でブルゴーニュワイン会を始め、30回はしたと思う。

初回のワインはリーズナブル。それに対して、確か
「驚くほどのワインは出ないね」といわれたのを覚えている。

その言いように、ぐさっときたのか、次回からは無理をして身の丈を忘れたワインを出した。
長年のワイン飽食に慣れ、経験できないものを求めていた。

でも、ようやく分かった。「ワインは多様性だ。」と叫んでみても
贅沢に麻痺した舌は、開けてみるまで分からないワインの前では、無力なのだ。

Jacques Selosse Initial Brut
Aile d'Agent 2006
Meursault Les Tillets 1998 Mag Jean Philippe Fichet
Blanc de Lynch Bages 1996
Calon Segur 1982
Stag's Leap Wine Cellars Cabernet Sauvignon 1985
Savigny Les Beaune Les Lavieres 1978 Bouchard Pere & Fils
Ch. Gruaud Larose 1978

98のヴィンテージを超えるムルソーだ。皆に飲んでもらうことに怖がりすぎたか。
覆される年、1998。
色からはしっかりした白の気配がしていたのだが、開けてホッとした。
飲み頃、美味しいワインだった。
d0156091_17391469.jpg



d0156091_17373181.jpg
d0156091_17374155.jpg
d0156091_17375041.jpg
d0156091_17375768.jpg
d0156091_1738552.jpg
d0156091_17381492.jpg
d0156091_17382226.jpg
d0156091_17383112.jpg
d0156091_1738388.jpg
d0156091_17384668.jpg
d0156091_17385535.jpg
d0156091_1739571.jpg
d0156091_17392210.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-04-23 23:06 | 持ち寄り会

Fujiya1935

三日目の昼は、懐かしい「Fujiya1935」

ワインのことも料理のことも少し思いがあるのだけれど、なんといおうがシェフの才能は僕の歓びだ。
お昼だから、シャンパーニュで通した。ゴセ・ブラバンをボトルで
このあいだといっても、昨年のことだが、「ル・セップ」のメーカーズ・ディナーにて
ゴセ・ブラバンを頂いたのだ。

焼きミカンと栗のスナック
d0156091_20403662.jpg


気泡をたくさん含ませた黒豆のパン
d0156091_20404738.jpg


赤穗産牡蠣 タピオカ
これは牡蠣を食べる料理ではない、牡蠣味のタピオカを愛でるのである。勘違いしてはならない。
d0156091_20405728.jpg


タラの白子 ジャガイモのコンソメ
d0156091_2041595.jpg


温かいパンのために
d0156091_20411620.jpg

d0156091_20412984.jpg


マナガツオ 蕗の薹 蜜芋
これも素晴らしい、だって画像的には凡庸だが、フキノトウのにがみがアクセントになった
未知の料理だ。
d0156091_20414075.jpg


マシュルームのパスタ
この「薄切」の香りと食感、みんな真似すればいいのに。
香りを出す術を。
d0156091_20414952.jpg

d0156091_20415741.jpg


牛ホホ肉 赤いソース
これを凡庸な料理という「あなた」、これほどバランス感覚に優れた一皿はない。
臭い!ホホ肉と、酸味をきかせたソース、赤は後から付けたのか。
d0156091_2042498.jpg


メレンゲと苺
センスのシェフ、雪の大阪、こんなデセールがふぉしかぁった(^_^;)
d0156091_20421335.jpg


プラリネとリンゴのなめらかなケーキ
d0156091_204223100.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-03-03 23:19

フクワイン会備忘録

ワインの記録を残しておこう、「フクの会」
よう、飲みますなぁ。

Champagne
Henriot 1998 Mag

Blanc
Les Plantiers du Haut Brion 2006
Silex 2003
Domaine de Chevalier Blans1998
Montrachet 1994 Ramonet
Hermitage blanc 1983 Jean-Louis Chave

Rouge
SPAT-BURGUNDER Trocken Alre Reben 2002 Bernhard Huber
Gevrey Chambertin Clos St.Jacwues 1999 Armmand Rouseau
Gevrey Chambertin 1er Les Champaux 1994 phillipe Leclerc
Ch.Mouton Rothschld 1988

2次会
Berrys' UKC Champagne  Mailly 2000
Gevrey Chambertin Aux Echezeaux 2002 Edouard Bryczek
Castillo Ygay 1986 Rioja
Gilette 1953

d0156091_195556100.jpg
d0156091_19573847.jpg
d0156091_19574787.jpg
d0156091_19575523.jpg
d0156091_1958896.jpg
d0156091_19581666.jpg


もちろん、フクも頂いています。
幸せな時間をありがとうございました。
d0156091_19593465.jpg
d0156091_19594213.jpg
d0156091_19595172.jpg

d0156091_2003387.jpg

d0156091_200096.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-26 20:08 | フクの会

日出鮓

京都の夜は、「日出鮓」を楽しんだ。この店の家族を感じるのが、幸せにつながるのだと思う。

d0156091_20313918.jpg


もう少し調べて、アップした方が良いようだ。
Jacues Lassaigne "Le COTET"
d0156091_20315691.jpg

d0156091_20321058.jpg


ピノはヴォルネイ、最近の僕の一押し。
Volnay 1er Cru Clos de la Bousse d'Or La Pousse d'Or 1989
d0156091_20322353.jpg


かぶらのすり流し(具はかぶら・椎茸・菜の花 など)
  この日の北山は雪も多く残る寒い日だったので暖かいものから
d0156091_20323472.jpg


酒肴五種盛り
煮蛸 ヨコワのスモーク、よこわが良い。
d0156091_20324475.jpg


鮪炙り 煮鮑 煮牡蛎 
d0156091_2032546.jpg


雲子 スモークチーズのせ
d0156091_2033682.jpg


海老芋のたいたんの唐揚げ
  いつものお母さんの皿 小芋のことが多いけど季節柄
d0156091_20331735.jpg


山芋の蒸し物 あんかけ
  中は海老、百合根、甘鯛等
d0156091_2033258.jpg


今夜の「シャリ」は、好みだった。
平目昆布締  昆布締めは昆布に「おんぶにだっこ」
d0156091_20333576.jpg


シマアジ   もうちょっと熟成したのが好き、今度はスモークで
d0156091_20334731.jpg


雲丹     北海道 味が濃くて最高、 彼女は「おかわり」
d0156091_2034180.jpg


鮪赤身漬け  軽いズケ
d0156091_20341151.jpg


イクラ軍艦巻 ぷちぷち感強し、醤油の旨み?
d0156091_203420100.jpg


コノシロ2枚 酸味は控えめ
d0156091_20365192.jpg


赤貝     小粒できりっと
d0156091_20343279.jpg


ミル貝    少しスモークが良い
d0156091_20344288.jpg


穴子     ツメがあっさりで上品
d0156091_20345272.jpg


玉子 二種  卵焼きと寿司屋の玉
d0156091_2035488.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-23 23:15

サルティンバンコ

日曜の朝は梅田地下街で焼きサバ定食と朝がゆ定食、前夜食べ過ぎの後でも、ゆるりと入る優しい味。

昼食は、ブライトンホテルのランチブッフェを考えていたが、京都はそんなに甘くない。TELするも、13時半のテーブルしかとれないという。「そらみたことか」と不機嫌な男に、彼女は、完璧に対応する。
「考えろ、考えろ、考えろ」
記憶とiPhoneを駆使して押小路通り両替町西入るのトラットリア・サルティンバンコを確保。
おまけに、ランチはパスタかメインかを選べるので、イタリアンなのに炭水化物は、抑えられる。
ドルチェもお茶もないので、我々にはもってこいだ。これで¥1,000とはCP比が高い。

ただし、ビールとワインで支払いが¥9,000、なんにもならん。

ジャガイモとキャベツのトマト風味スープ(具なし)
しみわたる滋味、後口の酸が綺麗。
d0156091_20351237.jpg


9種の野菜の前菜
  サラダをこれにかえる。3×3のくぼみでできたお皿に
  ・豆乳のパンナコッタにトマトのピュレ
  ・ゴボウのチリソース
  ・新タマネギのフリット
  ・空豆のパンケーキ
  ・コンソメジュレのかかった独活  
  ・ジャガイモのクリームグラタン風
  ・こごみのマリネ
  ・ほうれん草にトマト等の煮込み
  ・○○のミモレットの削ったのかけ
  の9種。どれも美味しい
d0156091_202475.jpg


彼女は、マトウダイのスープ仕立て青のりのアクセント
  「魚の出汁がきいていて且つきれいに透きとおったスープが美味。
  青のりのヨードっぽさが淡泊な白身魚によく合った。」
d0156091_20272527.jpg


僕は豚のサルティンボッカ。
d0156091_20273454.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-22 21:17

神戸元町Nuda

三都物語、初日の神戸の夜は、スペインはエチェバリ(Etxebarri)出身のシェフの店、Nudaにお邪魔した。
料理のコースは一種類のみで、ワインリストもない。料理12皿それぞれに合わせてワインは、シャンパーニュ、ソーヴィニヨン・ブラン、スペインの白、イタリアの赤等、グラスで頂く。

サービスは一人だが、「楽しんで下さい」という店側と、今夜の客16人の「楽しむぞ」という思いが絡んで空に上り、花火のように開いた。楽しい時間をありがとうございました。
d0156091_1091445.jpg


高知産のフルーツトマト、甘さを何かの味で抑えている。シャンパーニュに良く合う。
d0156091_1055316.jpg


不思議な火入れの鰺、ミ・キュイで鰺の別の味を引き出している。
d0156091_106422.jpg


スラシスされた椎茸の下には手作りバターが敷いてあり、これがスモーキーな薪の香りを放つ。
焼きたての椎茸の香りとバターの燻製香が相俟って美味しいったらない。
d0156091_1061990.jpg


「写真を撮る前に食べて」と言われたので殻だけ。 新わかめの泡がのったやはりミ・キュイの牡蠣。
瞬間の香りと温度を楽しむ。
d0156091_1063369.jpg


鱈白子。スープはひよこ豆らしい。精進出汁。
d0156091_1064212.jpg


ワカサギ、薪焼きらしいフンワリした加減、子持ちで食感がうれしい。
d0156091_1065134.jpg

d0156091_107013.jpg


皮のないパンチェッタとポレンタ。
d0156091_1071221.jpg


ミル貝、優しい味。
d0156091_107217.jpg


イイダコ、薪焼きで独特の火入れ。塩はかなり抑制している。
d0156091_1074251.jpg


野菜も一つずつ調理、量もある。
d0156091_107503.jpg

d0156091_1081462.jpg


甘鯛の鱗パリパリが旨味抜群、質が高い。リゾットで急激に満腹感。
d0156091_1082595.jpg


熟成させたリブ付きのブッフ、かなりの量。
d0156091_10172828.jpg


2枚でギブアップ、残りはお持ち帰り。
d0156091_1084574.jpg


2枚目のアイスクリームに燻製香、キンカンにも一工夫。
d0156091_10102455.jpg

d0156091_109142.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-20 10:22

バンブルビー(スパイシーなカリー)

三都物語、初日大阪の昼は、スパイシーなカリーの店、「バンブルビー」
糖質制限の身としては、やや悪さをしたというところか。

スパイスの洪水である。3色カリー(鶏肝キーマ、野菜、チキン)を選択。
彼女は、鶏3姉妹(鶏、鴨、鶏肝)、彼女にとって辛さは限界。
HAYWORDS 5000という銘柄のインドビールが、癖のない辛口で美味しい。

土曜日だが、常連客が次から次と訪れ、盛況であった。
d0156091_10562840.jpg
d0156091_10563960.jpg
d0156091_10564725.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-18 23:55

仔イノシシ

今週末は、二人で「三都物語」、どこに行くかは?
期待してください(^_^)。

ということで、今年最初の持ち寄り会は、彼女が幹事なので、当然のごとく贔屓の店で行われた。
d0156091_20424233.jpg


メインの仔イノシシが旨い。背肉とヒレ肉の二つの味わいが楽しめる。
d0156091_20414459.jpg
d0156091_20415596.jpg
d0156091_2042518.jpg
d0156091_20421583.jpg
d0156091_20422533.jpg
d0156091_20423416.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-16 22:41 | 持ち寄り会

Krug会

実は「糖質制限」以外に、夏井先生の「お薦め」を、もう2年ほど続けている。
それは、頭髪のシャンプーなしの「湯洗い」
これは彼女も続けていて、良好な結果(ふけ、気にならない。痒みなし)を得ている。
枕カバーの脂汚れが激減したと彼女にも評判である。

それに加えて、僕は「ボディの洗い」を湯のみにすることを1年前から始めている。
結果は、加齢臭が減ったかどうかは分からないが、少なくとも相手に嫌な思いを
与えていないようだ。もう少し、続けてみよう。

でもどうなんだろう。体臭とかは、かなり好みに左右されるものなんじゃないか。
若いときの僕は、極微量の腋臭があったが(自分でも認識できた)、幸せなことに
彼女がそれを積極的に好んだのだ。
しかしながら、年を経る毎に無臭になり、「物足りない」の一言を発するようになった。

ということで「Krug会」、ルビー婚を迎えた御夫婦の贈り物。
太宰府の蚤の市でみつけた「Krug」、¥2、200なり。

「みんなで飲めば怖くない」と集まった。
さすがに泡はちょろちょろだったが、立派な白ワインの古酒らしい香味に満足の夜。
(20年ぐらい前のエチケットらしい)

「こういう時にしか出せないよ」という怪しい僕の持参シャンパーニュ、87ヴィンテージ...
これが意外と美味しかったのはおまけで、皆様の幸せを追加したと思うことにしよう。

d0156091_22265685.jpg
d0156091_2227798.jpg
d0156091_22272285.jpg
d0156091_22273347.jpg
d0156091_22274432.jpg
d0156091_22275328.jpg
d0156091_2228327.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-15 22:56 | シャンパーニュ

糖質制限

トップページの猫の画像は、エキサイトブログのものなので、近々オリジナルに変えよう(PCの調子が悪く、時間が必要)。

傷は絶対消毒するな」で有名な夏井先生の「新しい創傷治療」は、毎日訪問する価値のあるサイトである。
昨年の11月から先生が挑戦されている「糖質制限」を同じ時期から私も始めている。

*月~金
・朝食は食パンのサンドウィッチが主食だったが、それを止め、卵、納豆、無糖のヨーグルト、果物、無塩野菜ジュース(カゴメ)とした。果物と野菜ジュースは、糖質量としては多めだが、食べる楽しみを我慢することはない。
・幸いなことに職場の昼食がバイキング方式なので、主食を抜き、炭水化物、糖分の少ない食べ物を選択できる。
・夕食のビールは、糖質ゼロや糖質オフ70%に変更。もちろんワインは変更なし。食事は、元々砂糖なしの出汁で食べる料理を彼女が作るので、おいしく食べるのが一番だろう。変更なし。

*外食、休日
・変更なし、B級グルメ(特に麺類)も炭水化物だらけだが止めるわけにはいかない。たまに飲む外食での生ビールが美味い。
・ワイン会等で頂くフランス料理は、究極の糖質制限食である(パンを食べなければ)。よって変更なし。

結果
・すこぶる調子が良い。特にワイン好きの副作用であるお腹のゆるみが激減した。長年の持病である「突然襲ってくる腹痛をともなうツライ下痢」が、ほとんど起こらなくなった。

というわけで、「いつもの持ち寄り会2011.12」
下関の「宮常」、備前焼のふくが旨みがのっていた。
シャンパーニュと個性豊かな白ワインの評判が良い。

d0156091_18481442.jpg
d0156091_18483136.jpg
d0156091_18484981.jpg
d0156091_1849345.jpg
d0156091_18492546.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-12 20:21 | 持ち寄り会

京都散歩

古い日記から

散歩の終点は上賀茂神社、正式名は賀茂別雷神社(かもわけいかづち)という。

門前にある神馬堂のやきもち、上賀茂神社の神紋にちなんだ「葵餅」が正式名だそうだ。
d0156091_221326.jpg

香ばしく上品な味だ。焼きたてが美味い。
d0156091_221205.jpg

上賀茂神社は馬と関わりが深く、「馬みくじ」がある。
d0156091_221842.jpg
d0156091_221418.jpg


散歩途中に立ち寄った「て・あっしゅ」、地元の野菜が味わい深い。
d0156091_2234140.jpg

d0156091_2215944.jpg

d0156091_2222327.jpg

d0156091_2215051.jpg
d0156091_222109.jpg

[PR]
# by koshudori | 2012-02-04 14:24 | 京都

備忘録_ルビー婚式

Champagne
Pol Roger White Capsule
La Grande Année 1999 Bollinger
Salon 1990
Dom Pérignon 1983
Perrier-Jouët 1971

Blanc
Chevalier-Montrachet 1999 Michel Niellon
Bienvenues-Bâtard-Montrachet 1995 Leflaive
Bâtard-Montrachet 1979 Roland Thévenin

Rouge
Ch. Haut-Brion 1999
Ch. Cheval Blanc 1979
Ch. Mouton Rothschild 1971

Sauternes
Ch.Romer du Hayot 1971

d0156091_12415.jpg
d0156091_1241641.jpg
d0156091_124275.jpg
d0156091_1243963.jpg
d0156091_124518.jpg
d0156091_125132.jpg

[PR]
# by koshudori | 2011-08-28 16:38 | お祝い会

寿司とワイン

今年の-いつか-の「持ち寄り会」 寿し 「仁」 にて
楽しめる店だ。
それが一番うれしい。

泡も白も楽しめたが、今日一は、なんといっても Turley の Petit Syrah である。
寿しに相性が良いのだ、これが。(ジンファンデルはもっと良いらしい)
騙されたと思って試してみると良いだろう。

Champagne
Jacques Selosse Brut Rose N.V
Vilmart Grand Cellier d'Or 2004

Blanc
Baron de L  2006 Ladoucette
Beaune Greves Clos Blanc 1999 Louis Jadot

Rouge
Turley Petit Syrah 2006 Library Vineyard Napa Valley
Ornellaia 1998
Latricieres-Chambertin 1983 Dominique Laurent
Ch. Canon 2003

Mogao Ice Wine China 500ml

d0156091_23165451.jpg
d0156091_2317514.jpg
d0156091_23171667.jpg
d0156091_23172573.jpg
d0156091_23173531.jpg
d0156091_23174590.jpg

d0156091_23212517.jpg
d0156091_23214432.jpg

[PR]
# by koshudori | 2011-08-12 23:26 | 持ち寄り会

Richebourg からうまれたワイン

6月の「いつもの会」
ボランジェ、旧ラベルのクリュッグ、好きな硬質マルトレイも素晴らしかったが、ラモネには参った。
品位ある熟成といおうか、いやいや適度な乱れが加わり、複雑でおいしいのだ。
しかしながら、Richebourg 1989 A.F.Gros の前では、これらの記憶も色あせる。
大きさを感じさせるワイン、深い香り、複雑な要素が絡み合っている。
なんという幸せな時間だろう。
僕には Richebourg を語るほどの経験はないが、この畑は別格の存在だと感じる。

Champagne
Veuve Cliquot Mag
Dom Perignon 1999
Bollinger Grande Annee 1990
Krug

Blanc
Chassagne Montrachet Les Vergers 1991 Ramonet
Corton Charlemagne 1994 Bonneau du Martray

Rouge
Corton 1987 Pierre Bouree
Le Corton 1983 Bouchard
Echezeaux 1989 Joseph Drouhin
Richebourg 1989 A.F.Gros

Sauternes
Ch.d’Yquem 1998

穴子のにぎり、フォアグラとともに
d0156091_19432035.jpg

d0156091_19422094.jpg

d0156091_19423169.jpg
d0156091_19424866.jpg
d0156091_19425728.jpg
d0156091_1943929.jpg

[PR]
# by koshudori | 2011-08-07 19:45 | いつもの会

夏休みのキャンプ_3

二日目の夕食は、湯布院は「さめじま精肉店の肉」だ。
文句ないだろう。
d0156091_19201010.jpg

d0156091_19201999.jpg


湯布院のチーズのお供は、「熟成促進庫」に「2夏」放置されていたチリの Valdivieso
d0156091_1920527.jpg

d0156091_19203018.jpg


ブルゴーニュは、みえますか。これが旨いんだ。2007年、うふっ...
d0156091_19204025.jpg

[PR]
# by koshudori | 2011-07-31 19:22


 ブルゴーニュ、シャンパーニュ好きのワイン備忘録


by koshudori

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
持ち寄り会
ブルゴーニュワイン
パルメ会
シャンパーニュ
男の手料理
蕎麦とワイン
いつもの会
中華S
歌舞伎
麺喰い
寿司とワイン
京都
昼ご飯
お祝い会
食事会
フクの会
未分類

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

フォロー中のブログ

焚き火を囲んで眠るような話
L'AMBROISIE ...
マイノリティー
Lingon's Hut

お気に入り

検索

タグ

(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧